きめ細かい肌とは?きめ細かい肌になるためのスキンケアのポイントを解説!

「きめ細かい肌」というと美肌のイメージがありますが、具体的にどのような肌のことなのでしょうか。

今回は、きめ細かい肌の特徴きめが乱れる三大原因、きめ細かい肌になるためのスキンケア方法などを詳しく紹介します。

最後に、きめ細かい肌になりたい女性におすすめの美容液「レヴィーガモイスチュアセラム」の情報も紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

きめ細かい肌とは?きめ細かい肌の特徴を写真で比較

上記写真の左はきめの粗い肌、右はきめ細かい肌です。 

比較してみると、きめの粗い肌はザラつき感があって毛穴やシワが目立っていますが、きめ細かい肌はなめらかで美肌に見えます。 

その違いは、肌の「きめ」の状態が大きく関わっています。

肌のきめは肌表面にある細かな凹凸のことで、盛り上がった部分は「皮丘(ひきゅう)」、溝になっている部分は「皮溝(ひこう)」と呼ばれています。

きめ細かい肌は水分量が多く、皮丘は小さくふっくらとしていて皮溝は浅いのが特徴です。 

皮丘と皮溝がバランスよく並んでおり、肌に当たった光がきれいに散乱するので透明感があって毛穴が目立ちません。 

一方、きめの粗い肌は水分量が少なく、皮丘がしぼんでいて皮溝は深めです。 

皮丘と皮溝のバランスが不規則で光が当たると影ができるので、くすみや毛穴、シワなどが目立ちやすくなります。 

 

肌のキメが乱れる三大原因

どうして肌のきめは乱れてしまうのでしょうか。 

肌のきめが乱れる三大原因をチェックしてみましょう。 

 

摩擦などの外的刺激

肌表面にある角質層は約0.02mmと薄く、摩擦や紫外線などの外的刺激を受けるときめが乱れてしまいます。 

たとえば、 

  • クレンジングや洗顔のときに肌をゴシゴシこすっている 
  • 頻繁にフェイスマッサージや角質ケア、毛穴ケアをしている 
  • 紫外線対策をしていない 

 

などの行為は、きめの乱れを引き起こす要因になります。 

 

ターンオーバーの乱れ

きめが粗くなるのはターンオーバーの乱れが原因になっているケースもあります。 

通常、健康な肌は約28日の周期で新しい肌へと生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返しています。

ターンオーバーの乱れは肌の生まれ変わりを遅らせるため、古い角質が肌に残りやすく、きめが荒く見える原因となるのです。

さらに、ターンオーバーが乱れると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルが起きる原因にもなります。

 

乾燥によるダメージ

肌が乾燥すると皮丘の弾力性がなくなり、皮溝が広がってきめが乱れやすくなります。 

肌には外部刺激から肌を守り、肌内部の水分を保つ「バリア機能」がありますが、乾燥によるダメージはバリア機能の低下を引き起こすのです。 

 

  • エアコンによる空気の乾燥
  • 紫外線ダメージ
  • 生活習慣の乱れ
  • 間違ったスキンケア方法(熱いお湯で顔を洗う・スキンケア不足など)

 

などは、乾燥肌を招いてバリア機能を低下させ、きめを荒くする要因となるので注意しましょう。

 

きめ細かい肌になりたい人必見!肌のキメを整えるスキンケア方法

きめが粗い肌になっていると感じるときは、スキンケアの見直しが効果的です。 

ここからは、肌のきめを整えるスキンケア方法を紹介していきます。 

 

クレンジング・洗顔で毛穴の汚れを優しく落とす

クレンジング・洗顔アイテムは肌のうるおいを奪わないものや刺激の少ないものを選び、優しくメイク・毛穴汚れを落としましょう。 

肌のキメを細かくするクレンジング・洗顔方法は以下を参考にしてくださいね。

 

【クレンジングの方法】 

クレンジング料を手に取り顔全体になじませたら、次に唇・目元になじませます。 

メイクが浮いたらぬるま湯(32℃程度)を顔全体になじませ、乳化させてからすすぎましょう。 

時間をかけるとバリア機能の低下を招くので、1分以内に行うのがおすすめです。 

 

【洗顔の方法】 

洗顔料はたっぷりと泡立ててから顔にのせるのがポイント。

額→鼻→あご→頬の順番に優しく泡をなじませましょう。 

小鼻や眉などの細かいところには、指の腹を使ってクルクルとなじませると毛穴汚れが落ちやすくなります。 

洗顔は20秒程度を目安に手早く行い、ぬるま湯でしっかりと丁寧にすすぎましょう。 

 

化粧水でたっぷりうるおいを与える

化粧水はたっぷりと使い、手に広げて顔全体に優しくなじませましょう。 

目元など細かいところは指の肌でなじませてうるおいを与えます。 

化粧水は保湿力がありつつ、自分の肌質に合ったものを選ぶのがポイントです。 

肌タイプ別のおすすめの化粧水は以下の通りです。 

 

【普通肌】 

  • 保湿成分が配合されたもので、美白やエイジングケアなど肌悩みに合った化粧水 

 

【乾燥肌・敏感肌・混合肌】 

  • セラミド・ヒアルロン酸など高保湿成分配合で、刺激の少ない化粧水 

 

【脂性肌】 

  • べたつきが気になるときは、収れん作用があるさっぱりとした使用感の化粧水 
  • ニキビ・肌荒れなど肌トラブがあるときは、予防ケア効果が期待できる有効成分配合の薬用化粧水 

 

乳液・クリームで保湿をして肌に蓋をする

化粧水で水分を補ったあとは、乳液・クリームなどで肌に蓋をしてうるおいを閉じ込めましょう。

ニキビやテカリが気になる脂性肌の人は、軽いテクスチャーの乳液を使うのがおすすめです。

乾燥肌の人は高保湿成分を配合した乳液とクリームを重ねて使うと、肌のうるおいを逃がしにくくなりますよ。

 

美容液でスペシャルケア

基本的なスキンケアに美容液をプラスして、気になる肌悩みを集中ケアするのもおすすめです。 

一般的に美容液は化粧水と乳液の間に使いますが、スキンケアアイテムによって異なることもあるので、使用方法を説明書などで確認するようにしましょう。

基本的な使用方法は、手のひらに伸ばした美容液を優しく肌を押さえるように顔全体になじませます。乾燥が気になる部分は重ねづけすると浸透しやすくなりますよ。

きめが乱れた肌を整えるなら、セラミド配合の保湿美容液が効果的です。 セラミドはもともと角層に存在している成分で、肌のバリア機能を守るために欠かせません。 不足したセラミドを外側から補うことで、きめが整った肌へと導きやすくなります。 

 

【根本改善】きめ細かい肌の作り方

きめ細かい肌を根本的に改善するためには、生活習慣も見直してみましょう。

ここでは、実践してほしい「きめ細かい肌の作り方」を4つ紹介します。

 

睡眠を大切にする

入眠後3〜4時間はターンオーバーを促す成長ホルモンの分泌が高まります。

睡眠を大切にして、寝入りからぐっすり眠れる環境を作りましょう。

 

良質な睡眠をとるには、

 

  • 就寝1〜2時間前にぬるめのお湯(40℃程度)に浸かる
  • 食事は就寝3時間前までに済ませる
  • 寝る前にスマホやテレビの強い光を浴びない

 

などの方法がおすすめです。

 

体を冷やさない

​​体が冷えると血行不良や便秘を引き起こし、きめの乱れや肌トラブルにつながります。

きめ細かい美肌を目指すなら、体を冷やさないようにしましょう。

冷え対策には、1日700〜800ml程度を目安に白湯を飲むのがおすすめです。

一度沸騰させたお湯を50度程度まで冷ましたものを、起床時・食事前・寝る前などに分けて飲んでみましょう。

 

食生活の見直し 

暴飲暴食や偏食を避けて、栄養バランスの良い食事を意識することも大切です。

 

キメが整った美肌を目指すなら、

  • タンパク質・・・肌細胞をつくる他、コラーゲンを生成し美しい肌をつくる
  • ビタミンA(βカロテン)・・・ターンオーバーを促進する他、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンなどの生成を促す
  • ビタミンE・・・ターンオーバーを促進する
  • ビタミンC・・・コラーゲンを合成する
  • ビタミンB群・・・肌のターンオーバーを整え、皮膚や粘膜を正常に保つ

 

などを含む食材を意識的に摂取しましょう。

食事から摂るのが難しい場合は、サプリを活用するのもおすすめです。

 

紫外線対策の徹底

紫外線ダメージはバリア機能を低下させる原因になるので、紫外線対策を徹底して肌を守るのもポイント。日焼け止めは1年を通して使うのがおすすめです。

SPF・PAの数値が高いほど肌に負担がかかるので日傘や帽子などを併用しつつ、紫外線の強さや使用シーンに合わせて使い分けましょう。

乾燥肌・敏感肌などダメージを受けやすい人は、「ノンケミカル」・「紫外線吸収剤不使用」と記載されたものを選ぶと肌への刺激を抑えられますよ。

 

きめ細かい肌になりたい人におすすめの美容液

 

「レヴィーガモイスチュアセラム」は酸素水を使用し、お米の発酵成分と乳酸菌の独自製法でラメラ構造を再現したオールインワン美容液です。

2種類のセラミド・NMF(天然保湿因子)・美肌菌を配合しており、外側からバリア機能をサポートします。

肌に刺激を与える可能性のある10の成分が含まれていないので、乾燥肌・敏感肌の人にも使いやすいアイテムです。

とろみのあるテクスチャーで肌なじみがよく、しっとりとうるおいのあるきめ細かい肌へと導きます。

 

商品名 レヴィーガモイスチュアセラム
メーカー レヴィーガ
容量 40mL
価格 初回¥2,980(税込)

 

まとめ

肌のきめが乱れるのは、外的刺激・ターンオーバーの乱れ・乾燥によるダメージが主な原因です。

まずは鏡で肌状態を確認し、きめの乱れが気になったら原因に合った対策を実践してみましょう。

きめの状態がわかりにくい場合は、肌診断サービスを活用してきめ細かさをチェックしてみるのもおすすめです。

今回紹介したスキンケアのポイントやきめ細かい肌の作り方、おすすめのアイテムなどを参考にして、ぜひきめ細かいハリ肌を目指してみてくださいね!

ページのトップへ
ページのトップへ