肌の水分量を上げる方法とは?効果的なスキンケア&インナーケアを紹介

美肌作りには肌の水分を保つことが重要ですが、どのくらいの水分量があればいいのでしょうか。

また、肌の水分量を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

この記事では、肌の理想の水分量水分量を上げるためのスキンケア・インナーケアの仕方を紹介します。

最後に水分量を上げたい方におすすめの美容液「レヴィーガモイスチュアセラム」について紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

理想の肌の水分量とは?

肌の理想的な水分量は、一般的に20%〜30%といわれています。

肌にハリやツヤ、うるおい感があるなら、水分量が足りている状態といえるでしょう。

しかし、かさつきやキメの乱れ、ごわつきなどの肌トラブルが気になるなら、水分量が不足している可能性が高いです。

肌表面にある角質層には外部刺激から肌を守り、潤いを保つ役割の「バリア機能」があります。

このバリア機能は、水分量が少なくなると低下して乾燥肌を招くのです。

乾燥肌によるバリア機能の低下は、さまざまな肌トラブルを引き起こすため、美肌になるには理想の水分量をキープするケアが大切です。

 

【スキンケア編】肌の水分量を上げる方法

肌の水分量を上げるには、スキンケアに工夫が必要です。

ここからは、肌の水分量を上げるためのスキンケア方法を紹介します。 

 

クレンジング・洗顔はとにかく優しく

肌の水分量を上げるには、肌内部の水分の蒸発を防ぐのがポイントです。 

クレンジングや洗顔で肌を強くこすったり洗いすぎたりすると、皮脂や角層にある保湿成分まで洗い流してしまいます。 

クレンジング・洗顔のときは、とにかく優しく手早く行うようにしましょう。 

 

オイルで肌を柔らかく整える

洗顔後の肌は、特に乾燥した状態です。

そこで、化粧水の前にはブースターオイルを取り入れましょう。 

ブースターオイルは肌を柔らかく整えてくれるので、基礎化粧品の浸透力UPが期待できます。 

水になじみにくい美容オイルを使うとブースターとしての効果を得にくくなるので、以下のような親水性が高い美容オイルがおすすめですよ。 

 

  • アルガンオイル 
  • ホホバオイル 
  • スクワランオイル 
  • ローズヒップオイル 

 

化粧水は重ね付けして肌に水分を入れ込む

化粧水(ローション)を2〜3回重ね付けして肌に水分を入れ込むと、水分量を高めやすくなります。 

適量を手のひらにとったら肌全体に優しくなじませ、目元や口元など乾燥しがちなところは指の腹で丁寧に塗りましょう。 

1〜2分程度時間を置いたら、再度化粧水をなじませるのがポイントです。 

 

保湿成分配合の美容液で集中ケア

化粧水の後は、保湿成分配合の美容液を取り入れて集中ケアしましょう。 

保湿美容液をプラスすることで、より効果的に肌の水分量を上げることができます。

美容液は適量を手に取ったあと、おでこ・頬・鼻・あごにのせます。  

内側から外側へと優しくなじませたら、美容成分を入れ込むようにハンドプレスしましょう。 

 

肌の保湿力を上げる成分

肌の保湿力を上げるおすすめの美容成分は以下の通りです。 

それぞれの役割に着目して、美容液選びの参考にしてくださいね。

 

【セラミド】

角層内で角層細胞の間を埋めて、角層内部の水分を蒸発させないようにしている「細胞間脂質」の主成分です。

美容成分のセラミドにはさまざまな種類がありますが、ヒト型セラミドが保湿力に優れています。

 

【ヒアルロン酸】

もともと皮膚内にある成分で、1gで6リットルもの水分を抱え込む保水力があります。

 

【アミノ酸】

アミノ酸は「天然保湿因子(NMF)」の主成分で、角層細胞内で水分を蓄える役割を持ちます。

肌本来の保湿成分を作るのに不可欠な成分のひとつです。

 

【コラーゲン】

皮膚の真皮にあり、肌のハリや弾力に関わる成分です。

美容成分は真皮までは届きませんが、肌表面のうるおいを保ちます

 

クリーム・乳液でうるおいに蓋をする

乳液・クリームは、肌に足りない油分を補給してバリア機能を高めてくれます。 

スキンケアの最後は必ず乳液やクリームで、うるおいに蓋をしましょう。 

クリームの方が油分が多いので、混合肌の方はTゾーンなどベタつきが気になる部分は乳液のみでもOKです。 

 

週に1.2回のコットンパックでスペシャルケア

肌の保水力を上げるために、週に1回から2回はコットンパックでスペシャルケアをしましょう。 

コットンは大判サイズで厚みがあり、毛羽立ちにくい良質なものを用意します。 

 

【コットンパックのやり方】 

  1. ブースターオイルを1〜2滴、肌になじませ整えます。 
  2. 化粧水をコットンに含ませて、しっかりと浸らせます。 
  3. コットンを割いて4枚にし、そのうち1枚を縦半分に割きます。 
  4. 割いたコットンをおでこ(1枚)・両頬(1枚ずつ)・鼻筋(1/2枚)・顎(1/2枚)に乗せていきます。※しっかりと水分補給したいときは、コットンをプラスして顔全面を覆いましょう。 
  5. 10分程度時間を置きます。※パック中に乾いてきたら化粧水を足しましょう。 
  6. パックを剥がしたら、美容液・乳液・クリームでケアをします。 

 

紫外線対策を徹底する

紫外線は皮膚にダメージを与えて、バリア機能を低下させる原因になります。 

紫外線は夏以外も降り注いでいるので油断は禁物です。

1年を通して日焼け止めを塗り、帽子や日傘などUVケアアイテムを活用して紫外線を浴びないようにしましょう。

 

【インナーケア編】体の内側から肌の水分量を増やす方法

肌にうるおいを与えるには、インナーケアも欠かせません。

ここでは、体の内側から肌の水分量を上げる方法を紹介します。

 

体質に合った量の水を飲む

体内からは尿や便、皮膚からの蒸発、呼吸などによって、1日約2,400mlの水分が失われているといわれています。

そのため、食事や飲み物から水分を摂取することが肌の水分量を上げることにつながります。

年齢や運動量などによって異なりますが、水分摂取量の目安は体重1㎏あたり35〜40mlです。

 

【例】体重55kgの場合

40ml×55㎏=2.2リットル

 

食事からは600〜700ml程度の水分を摂取できていると考えられるので、残りの分を1回コップ1杯(200ml程度)を目安に1日かけて飲みましょう

 

食生活を改善する

栄養が足りないとターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)の乱れを招き、バリア機能が低下しやすくなります。

過度な食事制限をしていたり、ファーストフードやお菓子だけで食事を済ましていたりする方は要注意です。

食生活を改善して、タンパク質・炭水化物・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランス良く摂取しましょう。

 

食べ物で足りない栄養はサプリで補う

野菜にはビタミンや食物繊維など体に必要な栄養が多く含まれているため、毎日の食事に取り入れるように意識することが大切です。

厚生労働省によると成人の1日の野菜摂取目標量は350g以上とされていますが、目標量を摂取できている方は少ないのが現状です。

そこで、食べ物で足りない栄養はサプリで補い、美肌に必要な栄養素をうまく取り入れていきましょう。

美肌に必要な栄養素

うるおい美肌に必要な栄養素と主な効果は以下のようなものがあります。

 

【ビタミンA】

  • 皮膚・粘膜にうるおいを与える
  • ターンオーバーを促す

 

【ビタミンC】

  • コラーゲンの生成を促す
  • 肌にダメージを与える活性酸素の働きを抑える

 

【ビタミンE】

  • 血行を促進する
  • 肌にダメージを与える活性酸素の働きを抑える

 

【ビタミンB2・6・12】

  • 肌のターンオーバーを整える
  • 肌荒れを防ぐ

 

【亜鉛】

  • 肌のターンオーバーを促す

 

【鉄分】

  • 酸素を運び、ターンオーバーやコラーゲンの生成を促す

 

冷たい飲み物を控える

冷たい飲み物は体を冷やして血流を悪くするので、肌に栄養が届きにくくなります。

飲み物はなるべく常温で飲むようにすると、体に負担をかけずに水分補給ができます。

また、お酒やコーヒー、緑茶などカフェインの多い飲み物を飲みすぎると、水分やビタミン、ミネラルなどが失われてしまうので注意しましょう。

 

質のいい睡眠を心がける

ターンオーバーを促す成長ホルモンは、眠りについてから3時間までに分泌量が多くなるといわれています。

そのため、質の良い睡眠を心がけると美肌に近づけるでしょう。

質の良い睡眠をとるには、

 

  • 寝る前にスマホのブルーライトやテレビの強い光を浴びない
  • エアコン・加湿器などを使って寝室の温度・湿度を調節する
  • 就寝3時間前にウォーキングなど軽い運動をする

 

などの方法があります。

睡眠時間を確保してぐっすり眠れるように睡眠環境を整えましょう。

 

肌の水分量を上げるのにおすすめの美容液

肌表面にある角質は、角層細胞がレンガのように積み重なるラメラ構造になっています。

「レヴィーガモイスチュアセラム」は、独自製法でラメラ構造を再現したオールインワン美容液です。

2種類のセラミド(ヒト型セラミド・植物型セラミド)や天然保湿因子(NMF)を配合しており、うるおいを守るケアができます。

洗顔後にひとつでスキンケアが済むので、手間をかけずに肌の水分量を上げたい方におすすめです。

 

商品名 レヴィーガモイスチュアセラム
メーカー レヴィーガ
容量 40mL
価格 初回¥2,980(税込)

 

まとめ

肌の水分量は、加齢や日頃のスキンケア、生活習慣、食生活などによって変化します。

肌がカサカサ・ゴワゴワしていると感じたら、肌の水分量が低下しているサインかもしれません。

乾燥はそのまま放置しておくとさらなる肌トラブルを招く可能性もあります。

肌の水分量を上げるスキンケアアイテムやインナーケアで乾燥肌対策をしていきましょう。

今回紹介した情報を参考にして、うるおいのある肌を目指してみてくださいね!

 

ページのトップへ
ページのトップへ