肌質がわからない人必見!脂性肌・混合肌・乾燥肌タイプの見分け方を紹介

「自分の肌に合うスキンケアがわからない」「毎日スキンケアをしているのに肌トラブルが起きる」と、肌悩みを感じている方もいるのではないでしょうか。

 

肌質は大きく分けて脂性肌・混合肌(インナードライ肌)・普通肌・乾燥肌の4タイプがあります。

自分の肌質を把握して正しいスキンケアを行うことは美肌作りに欠かせません。

 

今回は、自分でできる「肌タイプ診断」を紹介します。

肌質別の特徴やおすすめのスキンケア方法も併せて紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

質問に答えるだけ!まずは簡単肌診断で肌質を見分けよう

まずは簡単肌タイプ診断で、自分の肌質をチェックしてみましょう。

質問に答えるだけで簡単に肌タイプを診断できるので、今すぐ知りたい人におすすめです。

【チェック診断】

①〜④の設問で自分の肌状態に当てはまるものを選んでください。

a→1点・b→2点・c→3点とし、合計点を出します。

合計点数で肌タイプが導き出されます。

【質問】

① a.肌のかさつきが気になる

  b.部分的にかさつきやテカリが気になる

  c.肌が常にテカっている気がする

 

② a.ハリ・ツヤがなく肌の元気がない

  b.肌がゴワゴワしてキメが粗い

  c.吹き出物やニキビができやすい

 

③ a.肌全体が粉っぽく化粧ノリが悪い

  b.Tゾーン(額と小鼻周り)のメイクが崩れやすい

  c.メイクが崩れやすく、あぶら取り紙が手放せない

 

④ a.毛穴がたるんで楕円形のような形をしている

  b.部分的に毛穴が目立つ

  c.毛穴の開きが気になる

 

【結果】

  • 10~12点 : 脂性肌タイプ
  • 7~9点 : 混合肌タイプ
  • 5~6点 : 普通肌タイプ
  • 4点  : 乾燥肌タイプ

いかがでしたか?

次に、自宅で簡単にできる肌タイプの見極め方を4つ紹介していきます。

 

セルフ肌質診断|自宅で簡単にできる肌タイプの見極め方4選

肌質の見極め方はいろいろな方法があります。

いくつかの肌タイプチェック診断を実践して、より正確に自分の肌質を把握しましょう。

 

【肌質の見分け方その①】寝起きの肌をチェックする方法

朝起きたら、洗顔前に口周りやフェイスライン(頬・顎)の状態をチェックしましょう。

寝起きの肌状態から、肌質を導き出すことができます。

  • 全体的にベタつきがちで、かさつきはない→脂性肌
  • ベタつきがちで、少しかさつきもある→混合肌
  • ベタつきもかさつきもほとんどない→普通肌
  • 全体的にかさつき・乾燥感がある→乾燥肌

 

【肌質の見分け方その②】洗顔後の肌をチェックする方法

洗顔後にタオルで水分を拭き取ったあと、化粧水をつけずにそのまま5~10分程度時間をおきます。

時間が経ったら、肌状態を確認してみましょう。

  • 全体的にベタつきがある、皮脂が出てテカっている→脂性肌
  • Tゾーンにベタつきやテカリがある、口周りやフェイスラインはつっぱり感・かさつきがある、目元のシワが少し気になる→混合肌
  • つっぱり感やかさつきはほとんどない→普通肌
  • 全体的につっぱり感が強い、口周り・目元・フェイスラインがかさつく、目元のシワが気になる→乾燥肌

 

【肌質の見分け方その③】ティッシュを使って診断する方法

夜洗顔したあと、スキンケア化粧品をつけずに6〜7時間程度寝ます。

朝起きたら正面を向いた状態でティッシュを顔に当てて、おでこや頬、顎などに押しつけます。

  • 正面を向いたままでティッシュが落ちた→乾燥肌
  • 下を向いたときにティッシュが落ちた→普通肌
  • 下を向いてもティッシュが落ちない→脂性肌

 

【肌質の見分け方その④】メイクの崩れ方で判断する方法

朝洗顔後にスキンケアとベースメイクをします。

約5時間後のメイクの崩れ方をチェックしてみましょう。

  • 皮脂でメイクが崩れていて、ごわつきや皮むけはない→脂性肌
  • 皮脂でメイクが崩れていて、ごわつきまたは皮むけがある→混合肌
  • ほとんどメイク崩れが起きていない、肌にツヤ・柔軟性がある→普通肌
  • 朝の状態よりも肌にツヤがない、つっぱり感がある、メイクが落ちているところがある→乾燥肌

 

オンライン肌診断|アプリを使って肌質診断する方法

最近ではオンラインで手軽に肌診断ができるサービスが増えています。

資生堂が提供しているスマホアプリ「肌パシャ」は、自分の顔を撮影して簡単な質問に答えるだけで肌測定が可能です。

美肌チャート(うるおい・ハリ・透明感の総合結果と美肌指数)やうるおい・ハリ・透明度・シミ・シワ測定、肌色分析など、細かく肌状態を把握できますよ。

出典:https://www.shiseido.co.jp/sw/hadapasha/pc.html

 

脂性肌・混合肌・乾燥肌|それぞれの特徴から肌質への理解を深めよう

ここでは、肌トラブルが起こりがちな脂性肌・混合肌・乾燥肌の特徴とおすすめのスキンケア方法を紹介します。

自分の肌に合ったスキンケア方法で健やかな肌を目指しましょう!

 

脂性肌(油性肌・オイリー肌)の特徴

脂性肌は皮脂量・水分量が多いのが特徴です。

皮脂が過剰分泌されると、角質層が厚くなる・脂っぽくなるなどの変化が起こります。

そのため、テカリ・べたつき・ニキビ・毛穴の開き・毛穴の黒ずみなどの肌トラブルが起きやすくなります。

 

脂性肌の人におすすめのスキンケア方法

脂性肌の人は、肌に残る余分な皮脂を落としてから保湿することが大切です。

 

【クレンジング・洗顔】

クレンジングはオイル・リキッド・油性ジェルなど、洗顔料は石けんや皮脂吸着成分を配合したものなど洗浄力の高いアイテムを使うのがおすすめです。

肌に負担をかけないように手早く優しく洗い、メイク汚れや余分な皮脂をしっかりと落としましょう。

 

【化粧水・乳液・クリーム】

洗顔後はさっぱりタイプの化粧水でしっかりと水分を補い、乳液やクリームで保湿しましょう。

肌のうるおいを守るために、セラミド・ヒアルロン酸など保湿成分配合のスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。

ニキビ対策には、ニキビができづらい処方で作られている「ノンコメドジェニックテスト済み」のアイテムを選ぶとよいでしょう。

 

混合肌の特徴

混合肌のTゾーンや顎は皮脂量が多くベタつきがちで、フェイスラインや口元、目元は皮脂量や水分量が少なく乾燥しやすい特徴があります。

脂性肌と乾燥肌が混在しているような状態で、部位によって皮脂量と水分量が異なります。

 

混合肌の人におすすめのスキンケア方法

混合肌は部位ごとに肌質が異なるので、それぞれに適した肌ケアをしましょう。

 

【クレンジング・洗顔料】

クレンジングは脂性肌向きのオイルタイプやリキッドタイプ、乾燥肌向きのミルクタイプなどを部位に合わせて使い分けるのがおすすめです。

洗顔料はしっかりと泡立てて皮脂量が多いTゾーンを丁寧に洗い、すすぎ残しのないようにぬるま湯で洗い流しましょう。

 

【化粧水・乳液・クリーム】

Tゾーンや小鼻などベタつきが気になる部分は、ビタミンC誘導体のように皮脂を抑える整肌成分や保湿成分を配合したスキンケアアイテムを使うとよいでしょう。

フェイスラインのように乾燥が気になる部分は、しっとりタイプで高保湿成分を配合した低刺激処方のアイテムがおすすめです。

混合肌のベタつきは肌内部の水分不足が原因になっている場合があるので、化粧水はたっぷりとつけて水分を補いましょう。

乳液やクリームはベタつきがちな部位は薄めに伸ばし、乾燥しがちな部位はしっかりと塗って保湿するのがポイントです。

 

乾燥肌の特徴

乾燥肌は皮脂量・水分量が少なく、うるおい不足になっているのが特徴です。

肌の乾燥によって、つっぱり感、カサつき、シワなどの肌トラブルが起きやすくなります。

また、肌表面にある角質層には肌内部のうるおいを保ち、外部刺激から肌を守るバリア機能が備わっています。

乾燥肌になるとバリア機能が低下して肌荒れが起きやすくなり、乾燥性敏感肌となるケースも少なくありません。

乾燥性敏感肌はニキビやかゆみ、湿疹などの肌トラブルを招くことがあるので、早めに対策をしましょう。

 

乾燥肌の人におすすめのスキンケア方法

乾燥肌の人は、皮膚のバリア機能をサポートするスキンケアを心がけましょう。

 

【クレンジング・洗顔】

クレンジングは肌に負担をかけにくいミルクタイプ・ジェルタイプなど、洗顔料は穏やかな洗い心地で保湿成分が配合されているアイテムを選ぶのがおすすめです。

肌をこすらないように優しく汚れをオフしたら、ぬるま湯ですすぎましょう。

 

【化粧水・乳液・クリーム】

化粧水はセラミド・ヒアルロン酸・スクワランなど高保湿成分配合のアイテムを選び、しっかりと水分を補うのがポイントです。

水分を与えたら、保湿力の高い乳液やクリームでうるおいを閉じ込めましょう。

保湿成分がたっぷり入った美容液をスキンケアにプラスすると、さらにうるおいを補いやすくなります。

ラメラ構造100%の美容液「レヴィーガモイスチュアセラム」はセラミド(ヒト型セラミド・植物性セラミド)や天然保湿因子NMF、美肌菌などを配合しており、肌の保湿やバリア機能をサポートします。

10のフリー処方で界面活性剤や香料など肌に負担を与える可能性のある合成材を使用していないので、敏感になっている肌にもおすすめです。

商品名 レヴィーガモイスチュアセラム
メーカー レヴィーガ
容量 40mL
価格 初回¥2,980(税込)

 

商品詳細はこちら

 

まとめ

生活環境や季節、ストレス、加齢などの影響によって、肌質は変化します。

いつもどおりにスキンケアをしているのに肌トラブルが起きたり肌の調子が悪いと感じたりしたら、どのタイプに当てはまるか肌タイプを確認してみましょう。

自宅でできる肌診断はたくさんあり、アプリでチェックすることもできます。

どれも簡単に診断できるので、ぜひトライしてみてくださいね。

肌質がわかったら、今回紹介した肌質別の特徴やおすすめのスキンケア方法を参考にして健やかな肌に整えていきましょう。

 

ページのトップへ
ページのトップへ