皮膚が薄い人向けのスキンケア|特徴や原因・おすすめスキンケア方法を紹介

「肌に赤みが出ている」「敏感肌・乾燥肌になっている」という場合は、皮膚の薄さが関わっている可能性があります。

皮膚が薄い状態は肌刺激に弱くトラブルが起きやすいため、そのまま放置するのも過剰にケアするのもよくありません。

肌状態を把握して、自分に向いているスキンケア方法で対策をしましょう。

今回は皮膚が薄い人の特徴や皮膚が薄くなる原因、皮膚が薄い人向けのスキンケア方法を紹介します。

おすすめの人気スキンケアアイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

そもそも皮膚が薄いとは、どういう状態?

皮膚は外側から表皮・真皮・皮下脂肪層(皮下組織)の三層から構成されています。

厚さはそれぞれ違っていて個人差もありますが、真皮が約1.8mm程度あるのに対して表皮は約0.2mmとラップ程度の厚みしかありません。

さらに、加齢や生活環境などの影響によって、これよりも皮膚が薄くなってしまうこともあるのです。

皮膚が薄くなると機能低下につながるので、肌が弱く不調を感じやすい状態になります。

皮膚が薄い人の具体的な特徴は次の診断でチェックしてくださいね。

 

【チェック診断】皮膚が薄い人の特徴

皮膚が薄い人には、以下のような特徴があります。

当てはまる項目が多いほど皮膚が薄い傾向があるので、普段の肌状態を思い返しながらチェックしてみてくださいね。

□乾燥肌

□赤ら顔

□血管が透けて見える

□ビニールのようにつるりとした質感をしている

□色ムラがでやすい

□肌が敏感でヒリヒリしやすい

□ハリがない

□クマが目立つ

□シワが気になる

□たるみが気になる

ちなみに、皮膚が薄く、ツルツルしたビニールのような質感をしている肌は「ビニール肌」と呼ばれています。

ビニール肌は一見するとツヤ肌のようですが、実は皮膚が薄くなってキメがなくなっている状態です。

放っておくと、シワやシミ、ニキビなどの炎症が起こることも少なくありません。

次に、皮膚が薄くなる原因について解説していくので、当てはまる項目はないか確認してみてくださいね。

 

皮膚が薄くなる原因とは?

皮膚が薄くなるのは、具体的にどのようなことが原因なのでしょうか。

ここでは、皮膚が薄くなる原因を4つ紹介します。

 

過度なスキンケア

皮膚が薄くなるのは、過度なスキンケアが原因のひとつです。

たとえば、以下のようなスキンケアをしている場合、刺激によって必要以上に角質層が剥がれ落ちてしまうことがあります。

  • 一日に何度も洗顔やクレンジングをする
  • 肌をゴシゴシと擦る
  • スクラブ入りの洗顔料を使っている
  • ピーリングや毛穴パックなど角質ケアを頻繁に行っている
  • 拭き取りタイプのメイク落としを使っている

角質層が薄くなるとバリア機能や保湿機能の低下を招き、肌トラブルが起きやすい状態になります。

 

遺伝的な要因

皮膚が薄いのは、遺伝が関係しているケースもあります。

遺伝的な要因で皮膚が薄い人は、もともと乾燥肌だったり色白だったりする場合が多いです。

年齢を重ねると皮下脂肪層が薄くなることがあり、間違ったスキンケアや他の原因が重なってさらに皮膚が薄くなる場合もあります。

生まれつきの皮膚の厚みは変えられませんが、今より薄くならないようにケアをしておきましょう。

 

乾燥状態の持続

肌の皮脂量や水分量が不足すると、バリア機能が低下して乾燥肌を招きます。

乾燥肌は不規則な生活やストレス、間違ったスキンケアなどによって引き起こされることが多いです。

また、年齢を重ねると皮脂が減少し、角質層にある肌のうるおいを保つために必要な「天然保湿因子(NMF)」や「セラミド」も減っていきます。

そのため、加齢とともに乾燥肌になりがちです。

肌の乾燥状態が持続すると粉が吹いたようになり、悪化するとボロボロと角質層が剥がれる「皮むけ」が起こって皮膚が薄くなることがあります。

皮むけが起こると刺激に弱くなるため、かゆみや赤みなどの肌トラブルを引き起こしやすくなります。

 

コラーゲンの減少

真皮層には肌のハリや弾力を高めるコラーゲンがあり、減少すると真皮が薄くなってシワやたるみの原因となります。

コラーゲンの生成には女性ホルモン「エストロゲン」が大きく関わっているため、年齢を重ねて女性ホルモンの分泌量が減るとコラーゲンの減少を招きます。

また、日常的に紫外線を浴びると、コラーゲンが分解されて皮膚が薄くなることもあります。

 

皮膚が薄い人向けのスキンケア方法

皮膚が薄い人は外部刺激を受けやすく乾燥しがちなので、肌を気遣うケアをすることが大切です。

ここでは、皮膚が薄い人向けのスキンケア方法を紹介します。

 

クレンジングや洗顔のやりすぎNG

皮膚が薄い人は過度なクレンジングや洗顔は避けて、ゴシゴシと擦らないようにしましょう。

洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料は刺激が強く、肌表面の皮脂を取りすぎて乾燥を招きます。

肌荒れが悪化する可能性が高いので、肌への負担が少ないアイテムに変えましょう。

また、汗・水・皮脂に強い化粧品は、洗浄力の強いクレンジングでないと落ちないことが多いです。

簡単に落とせる低刺激性の化粧品を使い、ポイントメイクのみにするのがおすすめです。

 

ケアはシンプルに最小限のみ

肌状態を良くしようとして行なっているケアが、反対にダメージを与えている場合があります。

たとえば、以下のようなケアは皮膚が薄い人に向いていません。

  • パッティング
  • ピーリング
  • 毛穴パック
  • スクラブ入り洗顔料の使用

皮膚が薄くなっている人は、シンプルなケアを心がけるのがポイントです。

優しく肌を洗ったあとに化粧水でうるおいを与え、乳液やクリームで保湿すればOKです。

ダブル洗顔のいらないクレンジング料やオールインワン化粧品を使って、肌への負担を抑えるのもおすすめです。

 

保湿力を高める

皮膚の薄い人は、肌内部の水分が不足しがちです。

保湿力を高めるために、コラーゲンやヒアルロン酸など保湿効果の高い美容成分配合のスキンケアアイテムを選びましょう。

また、皮膚が薄く刺激に弱い肌は、添加物が原因で肌トラブルが起こることがあります。

使用するスキンケアアイテムは、低刺激タイプや無添加タイプを選ぶと安心できるでしょう。

 

紫外線対策を怠らない

紫外線は皮膚を薄くする原因となり、シミやシワなど肌の老化も引き起こします。

肌ダメージを抑えるために、毎日の紫外線対策を怠らないようにしましょう。

紫外線対策には、以下のような方法があります。

  • サングラスをかける
  • 日傘を使う
  • UVカット機能のある帽子や洋服を身につける
  • 日焼け止めを塗る
  • UVカット機能のあるカーテンにする

肌が刺激に弱くなっているときは、敏感肌用の石鹸で落とせる日焼け止めを使うのがおすすめです。

窓ガラスは紫外線を通すので、屋内でも日焼け止めを塗って対策しましょう。

 

バリア機能を高めるアイテムを使う

角質層にあるセラミドを外側から補うことで、バリア機能を高める効果が期待できます。

スキンケアアイテムに配合されているセラミドにはいろいろな種類がありますが、人が持つセラミドに似せた「ヒト型セラミド」は、肌なじみが良くバリア機能のサポート力が高いです。保湿効果も優れているので、日々のスキンケアに取り入れてみましょう。

 

皮膚が薄い人におすすめのスキンケアアイテム

皮膚が薄い人におすすめなスキンケアアイテムは、「レヴィーガ モイスチュアセラム」です。

角質層内部は水分と油分が規則正しく並んだラメラ構造をしており、ラメラ構造が乱れると水分の蒸発やバリア機能の低下から肌トラブルが起きやすくなります。

レヴィーガモイスチュアセラムは、お米と乳酸菌の発酵法によってラメラ構造を再現したオールインワン美容液です。

2つのセラミド(ヒト型セラミド・植物型セラミド)・美肌菌・天然保湿因子(NMF)など美容効果が期待できる成分をたっぷり配合しており、肌になじんでバリア機能・保湿効果をサポートします。

合成着色料や界面活性剤など10のフリー処方なので、皮膚が薄く刺激を避けたい人におすすめです。

 

商品名 レヴィーガモイスチュアセラム
メーカー レヴィーガ
容量 40mL
価格 初回¥2,980(税込)

 

まとめ

近年では、新型コロナ対策でマスクが欠かせなくなっており、乾燥や摩擦、蒸れによって肌はダメージを受けやすくなっています。

マスクをしているからといってスキンケアを怠ると、肌トラブルが深刻化することもあるので注意しましょう。

目元や口周りは皮膚が薄い乾燥肌、おでこ・フェイスラインは脂性肌の混合肌になっている場合もあるため、肌状態をきちんとチェックしておくことが大切です。

「皮膚が薄くなっているかも…」と感じたら、早めに自分に合う肌ケアで予防・改善対策を行いましょう。

今回紹介したスキンケア方法やおすすめのスキンケアアイテムを参考に、健やかな肌をキープしてくださいね。

 

ページのトップへ
ページのトップへ